あさいまり プロフィール

ライブサポート&スタジオミュージシャンとして活動するほか、
ストリングスアレンジや楽曲制作も行うなうなど、ジャンルレスな演奏スタイルでマルチに活動中。
2015年夏より始動させたソロプロジェクトを《夢みる音楽会》と題し、
メルヘンファンタジーな世界観を音楽と映像で表現するライブを開催している。
アルバムも積極的に作り続けており、
2016年春、1stアルバム『きんいろ野原のユメ』、続く2017年春、2ndアルバム『ほしぞらの下』がリリース。
今年(2018年)夏には、3rdアルバム『真夜中のサーカス』をリリース。
10月3日より、全国CDショップで取り扱いが開始する。

3月27日生まれ
おひつじ座 / A型

文学好きの数学教師の父と、アニメ好きの家庭科教師の母の間に生まれる。
父の好きだった文学作品の一つ、コナンドイルの「シャーロックホームズの冒険」の作品の中で、
ホームズがヴァイオリンをたしなんでいることから、父が趣味としてヴァイオリンを始める。
父親っ子だった私は、あるとき父の習い事について行き、「私もやりたい!」とせがんだそう。
このことが、ヴァイオリンを始めたきっかけとなった。
ちなみに私自身もしっかり、シャーロックホームズの大ファン。
特に、NHKで放送されていたジェレミーブレッド主演のホームズは最高です。

かなり厳しめの家庭だったため、テレビ鑑賞タイムはほぼゼロ。
しかし、もともと好奇心が旺盛な性格な故、禁止されればされるほど、「知りたい欲求」が沸々と…。
両親が寝静まってからこっそり起き、深夜に流れているMTVなどの音楽チャンネルを、夜な夜な聴き漁った。
ロックやパンク、ヒップホップ、テクノなど、すべてが新しく刺激的だった。
この時期に得た音楽は、今でも影響が大きい。

大学は東京音楽大学に進学。
在学中からオーケストラやパーティなどのお仕事を始め、
その後縁あって様々なアーティストのLIVEやレコーディングなどに携わる。
また、お仕事をしながら、未だ知らない音楽、知りたい音楽シーンを求め、
LIVEやイベントに足繁く通った。
沢山の素晴らしいミュージシャンに出会い、刺激を受け、
同時に(私はどんなヴァイオリニストを目指したいんだろう…)と日々悩みながら過ごす。

音を聞くと、幼少の頃から色を感じた。
景色や風、香りなど、情景が思い浮かび、ノートに綴ったりもした。
どうやら私は、心の中に広がる情景や物語を、音楽にしたいらしかった。
だんだんと、自分のしたい音楽のスタイルが、見えてくるようになる。
自分のしたいことを、自分の中に見つけるということが、なかなか難しく、
これだ、と気がつくまでに、約10年かかってしまう。

2010年頃からソロLIVEを始め、自分のしたいことを実際に活動を通して探求し始める。
少しずつ回を重ね、2015年夏、オリジナル作品を中心としたLIVEを開始、
2016年4月には1stアルバム「きんいろ野原のユメ」、2017年5月には2ndミニアルバム『ほしぞらの下』をリリース。
ハイスピードで精力的に活動している。
また同時に、ヴァイオリンという楽器を演奏するのに、やっぱり基盤となるものはクラシックにあると考え、
年に1度、自分の学んだものを発表する場としてリサイタルを行っている。
2015年7月 l’atelier by APC(東京)/ 5R Hall(名古屋)
2016年6月 sonorium(東京)
2017年7月 la lyre(東京)
2018年6月 Hall60(東京)

人より、一歩二歩ゆっくりペース、今はそれでもいいと思っています。
最後に自分で点数をつけるとき、なるべく100点満点になれるよう、日々精進するのみです♪